おっかしゃんのブログ

2016年生まれの息子チャタロとの遊びのこと、 暮らしのことなどを綴ります☆(チャタロの4コマ成長日記一時お休みしています))

レゴの【メカメカツクール】は何歳から?4歳の誕生日にもらった感想☆

f:id:chiyohapi:20210915193035j:image
こんにちは。おっかしゃんです。
    

わが家の息子チャタロが、4歳の誕生日に、じいじからもらったプレゼントがあります。

その名も【メカメカツクール】。

 

対象年齢が8歳以上なので、
「まだ楽しめないんじゃないかなぁ。」
と思っていたのですが、予想以上に息子にはまり、8か月経った今も楽しそうに遊んでいます

(*´ω`)

というわけで今回は、息子が黙々と遊ぶ【メカメカツクール】をご紹介したいと思いますよ!

  • メカメカツクールを4歳の誕生日にもらった感想
  • メカメカツクールの良い点、イマイチな点
  • ブロックの買い足し方

について書いていきますので、

  • メカメカツクールってどんなおもちゃ?
  • 8歳以下でも遊べるの?

という疑問を持っている方は参考にしてみて下さいまし。

1.メカメカツクールとは

メカメカツクールとは、レゴから販売されているトイブック。

f:id:chiyohapi:20210911065906j:image

f:id:chiyohapi:20210911070118j:image

ブロックが58個付属されています。

f:id:chiyohapi:20210915160748j:image

15万部売れた「カラコロピタン」(こちら↓)の続編です。

 

メカメカツクールは、付属のレゴブロック58個を使って、11種類のマシーンを作ることが出来ます。

f:id:chiyohapi:20210911065934j:image

動画でも、メカメカツクールの内容と遊び方が確認できますよ↓

メカメカツクール レゴブロックで作る実験マシーン - YouTube

 

メカメカツクールは、自分で組み立てていく過程で、装置が動く仕組みが学べます。

 

家電を解体していると興味津々に寄ってくる息子にとって、動力の部分を思う存分に観察できるのは、とても楽しい様子。

同じように家電の中身やら細かな部品に興味を示すお子さんにとっては、とても楽しめるおもちゃだと感じます。

2.メカメカツクールで遊ぶときの注意点

ここで1つだけ注意点を書かせて頂きます。

メカメカツクールは対象年齢が8歳となっています。

小さなパーツがたくさんありますので、8歳未満のお子さんと遊ぶときは、誤飲などに注意して下さいね

f:id:chiyohapi:20210911070020j:image

また、遊んでいるうちにパーツが取れて床に落ちることもありますので、更に小さなお子さんがいるご家庭の場合は、パーツが落ちていないかも確認した方が安全です。

8歳未満のお子さんに遊ばせるときは自己責任となることをご了承下さい。

3.メカメカツクールの良い点

メカメカツクールの良い点はこちら。

メカメカツクールの良い点
  • 遊びながら色々な装置の仕組みが学べる
  • 指先を使って遊ぶことが出来る
  • 11種類のマシーンが、付属のブロックだけで作ることが出来る
  • オリジナルの作品も作ることが出来る
  • 図鑑要素もある

1つずつ見ていきます。

3-1 遊びながら色々な装置の仕組みが学べる。

メカメカツクールは、作ったり遊んだりしながら、物を掴んだり、回転させたりする仕組みを知ることが出来ます

f:id:chiyohapi:20210915161020j:image

f:id:chiyohapi:20210914135644j:image

本物の家電などと違って、動かしているコアの部分を見ることが出来るのが良いです。

息子は特に歯車を使う装置が好きで、
「ち~さいギアが、お~きいギアにくっついて、だから、これがはやくまわるんだよ~!」
と、私に説明してくれます。

3-2 指先を使って遊ぶことが出来る

メカメカツクールは、小さなブロックをつまんで組み合わせます。

手や指には、とてもたくさんの神経があり、刺激することで指先の使い方を覚えたり、脳の発達を促してくれたりするそうです。

3-3 11種類のマシーンが、付属のブロックだけで作ることが出来る

メカメカツクールには、58個のブロックが入っていて、11種類のマシーンは付属のブロックだけで作ることが可能です。(ただし、1つずつ)

 

手持ちのブロックが全く無くても、この本1冊を買えばしっかり遊ぶことが出来るのがありがたい。

3-4 オリジナルの作品も作ることが出来る

11種類のマシーンを作ったあとも、付属のブロックを使って、自分自身で考えて別の物を作ることが出来ます

f:id:chiyohapi:20210911150646j:image

息子はまだ完璧な物は作れませんが、それでもいくつか歯車同士を組み合わせてみたり、リモコンに見立てたものなどを作っていました。

「なにかの部品」的な形状が、創造力をかきたててくれます。

3-5 図鑑要素もある

マシーンの作り方が載っている本には、それぞれのマシーンにちなんだ「実験マシーンのスゴい話」というページがあります。

そのマシーンと同じ仕組みを使った身近な物や、大人でも知らなかった機械の歴史なども学ぶことができるのも嬉しい。

4.メカメカツクールのイマイチな点

メカメカツクールのイマイチな点は、ほぼないのですが、あえていうならば、

メカメカツクールのイマイチない点
  • ページががちぎれやすい
  • パーツが紛失しやすい

という2点。

(´・ω・`)  

こちらが勝手に8歳未満で游ばせているので、ほんとに仕方ないことなんですが、一応ね、一応。

4歳児が遊ぶと、こんな感じよ。」ということで、以下読んでくださいませ。

4-1 ページがちぎれやすい

本が閉じてこないようにするための仕様だと思うのですが、綴じの部分がリングで出来ています。

そのため、ちょっと破れやすいかと。

力加減がわからず、息子がベリっとしたページ↓

f:id:chiyohapi:20210911070213j:image

4-2 パーツを紛失しやすい

部品が小さいので、簡単にどっかにいってしまいます。

1番小さいブロックは、1cmもないくらい。

f:id:chiyohapi:20210911070339j:image

作品を作ることに集中していると、どこかに部品が転がっても気付かないです。

翌日別のマシーンを作ろうとしたら、「必要なブロックがない」ということも(わが家では)頻繁にあります。

暫くの間、ほとんど何のマシーンも出来ないくらいに無くしてました。

(後におままごとの料理から見つかった。)

 

ですので、遊ぶときは、ケースなどの中でやるようにした方が良いです。

因みにわが家はダンボールで作業場所を作りました。

f:id:chiyohapi:20210911070427j:image

(これでもブロック無くなったよ。わが家の問題だよ。)

この場所以外でやるときは、無印の「やわらかポリエチレンケース」なども利用。

 

そのほかの注意点としては、遊んでいる本人は大丈夫でも、その下にも弟か妹がいる場合は、誤飲にも注意が必要というところでしょうかしら。

 

しかし、上に挙げたことはどれも対象年齢以上なら、大した問題にはならないかと思います

未満で遊んでいるくせにイチャモンつけちゃってすみません。

m(_ _)m

5.メカメカツクールは4歳息子が黙々と作って遊ぶおもちゃ

5-1 買った当初の息子の様子

始めは私が一緒に本を見ながら作っていました。

何度か一緒に作っているうちに、息子1人でも本を見ながらもくもくとマシーンを作るようになりました

 一番初めにこの姿を見たときはちょっと感動。

(゜-゜)すげぇぜ。。

 

いや、何と言うか、わが家の息子、4歳時点で、一人遊びをあまりしなかったんですよ。

一緒に側で遊んでいるときは、集中して遊ぶのに、私が離れるとすぐこちらに寄ってくる。良いんですよ。良いんですけどね。

 

でも、「プラレールでずっとあそんでる」とか「恐竜図鑑をずっとよんでる」とかいう話を見聞きするたびに、

「ちょっと(いや結構)うらやましいな、、。」と思っていたのです。

(「ずっと全く1人で」という意味ではもちろんないのは分かるんですが、それでも「ずっと集中できるほど好きな物がある」のが良いよねぇ。)

 

だもんで、
おおお、、私を呼ぶこと無く、1人でやっている。。
とね。(できない所は呼ばれるけど)

「じいじ、ありがとう!!」
とね。

私なら「まだ8歳になってないからな。買えないな。」と、スルーしていたことでしょう。

 

5-2 8ヶ月経った息子の様子

8ヵ月経った今は、少し熱が落ち着いていますが、やっぱりふと目に付いたときなどに、マシーンを作り出します。

すぐにブロックを広げて遊べる場所を作っておくと、朝起きた息子が、吸い寄せられてくることが多いです(笑)

↓最近の朝の様子

f:id:chiyohapi:20210911161147j:image

頻度が減っても、息子が興味を持って一定時間集中できるものがあるのは嬉しい。

(*´ω`*)

6.メカメカツクールのパーツは買い足せる?

先ほど、メカメカツクールの部品は無くしやすいとお知らせしました。

わが家でも、最終的に、2つのブロックが見つからないままでした。

その時に利用したのが、こちらのサイト↓

ブロックをバラで購入できます。

( ゚Д゚) ありがてえ!

ゆうパケットを利用すると、一律180円の送料でした。

こんな感じでポストに入っていました。

f:id:chiyohapi:20210913154718j:image

パカッ
f:id:chiyohapi:20210913154743j:image

種類ごとに袋に入っていました。(作品の幅が広がるかなと、ちょっと多めに発注)

納品書をみると、ブロックごとにチェックも入っていて安心感があります。

f:id:chiyohapi:20210913154803j:image

ブロックの補給法が分かったことにより、
「ブロック1つでもなくなったらもうおしまいだ」というプレッシャーから逃れることができます。

 

因みに楽天にも店舗がありました。

楽天市場は(私調べだと)、

  • 注文最低金額が800円以上
  • 送料は無料
  • ブリッカーズ本店よりも価格が若干高め

となっています。

お好みでご利用ください。

7.おわりに

今回はレゴの【メカメカツクール】をご紹介しました。

対象年齢は8歳以上なので、それより小さな年齢の子に遊ばせる場合は、誤飲などに注意が必要になります

また、息子の場合だと、小さなブロックを解体するのが難しいようで、その都度外してあげる必要もありました。

ですが、大人がときどきフォローしながら遊べば、4歳の息子でも十分に楽しむことが出来ています

  • 遊びながら色々な装置の仕組みが学べる
  • 指先を使って遊ぶことが出来る
  • 11種類のマシーンが、付属のブロックだけで作ることが出来る
  • オリジナルの作品も作ることが出来る
  • 図鑑要素もある

など、素敵なポイントがたくさんあるメカメカツクール。

 

わが家の息子と同じように、機械の部品を触りたがったり、メカに興味を示すお子さんにおススメですよ!

 

この記事が、おもちゃ選びの参考に少しでもなれば幸いです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました☆

それではまた、お時間のあるときに!

 

↓今回ご紹介したおススメおもちゃ♪

 

 

 

☆こんな記事も書いています☆

↓「虫取り網」を作って、虫取りごっこをして、結構長めに遊べます。

www.chiyo.fun

↓パンっとなる「紙でっぽう」をちょっとアレンジ。新聞紙だけで遊べるので、おじいちゃんおばあちゃんの家などでも遊べます。

www.chiyo.fun